waqwaq

ギリシャ神話・伝説 神・英雄・怪人

アキレウス、最強の戦士。トロイア戦争の英雄、その生涯

更新日:

ギャヴィン・ハミルトン作

ギリシャ神話に登場する英雄の中でも屈指の知名度を誇るアキレウス。

ヘラクレスが怪力の英雄ならアキレウスは最強の戦士。

その生涯をたどります。

英雄アキレウスに課せられた数奇なさだめとは

ギリシャ神話の英雄アキレウスとは

ベニグネ・ガニョー 作

アキレウスは半神半人の英雄

人であるプティア王ペレウスと海神ネレウスの娘テティスの間に生まれました

英語では「アキリーズ(Achilles)」。日本ではラテン語の「アキレス(Achilles)」とも呼ばれます。

その壮絶な戦いは長編叙事詩『イーリアス』でも知られる、比類なきギリシャ神話最強の戦士です。

父ペーレウスと母テティスの結婚

アキレウスのペーレウスはアイギーナ王アイアコスの子。

ルゴナウタイやカリュドーンの猪狩りにも参加した勇者です。

テティスは海神ネレウスの娘・ネレイスのひとり。美しく、かつて主神ゼウスや海神ポセイドンにも求婚されました

けれど託宣の女神テミスはテティスは父より優れた子を産む」と予言。二柱はやむなく結婚を断念しています。

予言を恐れたゼウスはまたテティスに人間との結婚を命じます

テティスはそれを拒みますが、賢者・ケイローンに知恵を授かったペーレウスに捕らえられ、ペーレウスとの結婚が決まります

ふたりの結婚の祝宴にはただ一人を除いて全ての神々が招待されます。

招待されなかったのは不和の女神エリス。これを怒ったエリスは宴席に「最も美しい女神へ」と書かれた黄金の林檎を投げ込みます

その林檎が誰のものであるかで女王ヘラと知恵の神アテーナー、美の女神アプロディーテーの間で争いが起こります。

そこで神々はその判定をイーリオスの王子パリスに託します。これが「パリスの審判」、トロイア戦争の発端へとつながってゆきます

アキレウスの誕生

ピーテル・パウル・ルーベンス作

やがて二人の間にアキレウスが誕生。

テティスは半人半神である息子が不死で無い事を嘆きます。

そして、不死の身体を与えるため冥界の川・ステュクスの水にアキレウスを浸します

けれどその時アキレウスの踵を掴んでいた為、そこだけは不死の加護が得られませんでした

父ペーレウスは、他の英雄と同じにアキレウスをケイローンに預けます

アキレウスは賢者ケイローンの指導のもとに、卓越した武術とその足の速さを誇り、『駿足のアキレウスの異名を持つ程に育ちます。

テティスはまたアキレスの身を案じ、鎧を送ります。これが「アキレウスの鎧」

鍛冶の神ヘパイストスが作ったもので、動きやすく、どんな武器の攻撃も跳ね返す、アキレスの強さを象徴されるもの。

そして「トネリコの槍」。これはアキレスの両親の結婚式でケイロンに送られたもので、世界樹そのものの力を持つとされるトネリコで作られた、アキレウスの強さを象徴する武器として語り継がれています。

成人したアキレウス

ルイ・ガウフィエ 作

テティスはトロイア戦争で息子が亡くなることを予言します。

そこでアキレスをスキューロス島に送り、女装して暮らすようにさせます

けれどそれも島を訪れたオデッセウスに見破られてしまいます。

智将として名高いオデュッセウスは商人になりすまし、美しい装身具や衣装の中に武器を混ぜて店頭に並べます。

女性なら興味のないはずの武器にアキレウスは手を伸ばし、正体を暴かれ、トロイア戦争に参加することになってしまいます。

トロイア戦争のアキレウス

ピーテル・パウル・ルーベンス作

トロイア戦争でのアキレウスの戦いぶりは見事なもので、名だたる英雄ヘラクレスやオデッセウスを勝るほどのものであったといわれています。

アキレウスの鎧、トネリコの槍を持った英雄アキレスの活躍は凄まじく、トロイア最強のヘクトールも打ち倒します。

しかしその終わりはあっけないもので、トロイアのパリス王子が放った矢が唯一不死身では無く、鎧も覆っていなかった足首に刺さり、絶命。

これが「どんなに強いものでも弱点がある」を意味するアキレス腱の語源となっています。

イーリアス

マイケル・マーティン・ドロリング 作

「イーリアス」は紀元前8世紀頃の吟遊詩人ホメロスの長編叙事詩。

トロイア戦争でのアガメムノーンとアキレウスの確執、アキレウスの勇姿、ヘクトールとの壮絶な戦い、そしてヘクトールの死までの物語が語られています

 

** あらすじ **

トロイア戦争開戦から10年目に入り、アカイア(ギリシャ)軍は多くの戦利品を手に入れます。

その中にはアポローン神官の娘クリューセーイスも含まれ、アカイア軍の総大将アガメムノーンはクリューセーイスを我がものとします。

クリューセーイスの父・神官は娘を返してもらうことを願い出ますが、アガメムノンは神官を侮辱して追い返してしまいます。これを怒り、嘆く神官はアポロンにアカイアに償いを祈ります

それにこたえて、アポロンはアカイアに疫病をもたらす死の矢を放ちます。

疫病が蔓延するアカイア軍はアポロンの怒りを鎮める為に娘を開

ただしアガメムノンはその代償を求めます

それを拒むアキレウスに「お前なしでも戦える」と言い放ち、アキレウスの戦利品であるブリーセーイスを奪い取ってしまいます

アキレウスはこの仕打ちに怒り、母テティスにアカイア軍の劣勢を願い、その日以降戦いを放棄してしまいます。

テティスの願いを聞いたゼウスはアガメムノーンを夢で惑わし、総攻撃をかけるように仕掛けます。

イーリオスの王子パリスとアガメムノーンの弟メネラーオスの一騎打ちではパリスが逃げ回るという醜態をさらすものの、次第に戦況はアカイア軍が苦しくなってゆきます。

アキレウスの親友・パトロクロスは幾度もアキレウスに出陣を願いますが、アキレウスはそれを頑なに拒みます。

味方の戦意を高めるためパトロクロスはアキレウスの武具を身に着け出陣。けれど、イーリオス(トロイア)軍の総大将・ヘクトールに討たれてしまいます

親友の死をアキレウスは嘆き悲しみ、ヘクトールへの復讐を誓い、ヘクトールに戦いを挑みます

ヘクトールはアキレウスに討ち取られ、怒りが冷めやらぬアキレウスはヘクトールの遺体を戦車の後ろに繋げ、引きずり回します。

これを嘆いたトロイア王・プリアモスは単身でアキレウスを訪れ、亡骸の返還を悲願。

涙ながらに願う老王の言葉に、アキレウスは遺体を清め、父王に返します

ペンテジレーア

ペンテジレーアはドイツの劇作家ハインリヒ・フォン・クライスト作の戯曲になったアマゾネスの戦士です。アマゾネスの女王タナイスと軍神マルス(アレース)の娘として生まれました。

実際の戦いでもペンテジレーアはイーリオス(トロイア)勢として参戦。ヘクトールを倒され、意気消沈してしまった軍を盛り立てます

そして無謀にもアキレスに挑戦し、命を落とすことになります。

アキレスは遺体となったペンテシレイアの美貌に目を奪われ、殺してしまったことを後悔したと伝えられています。

 

** 戯曲「ぺンテジレーア」でのアキレウスは **

アマゾネスの戦士ペンテジレーアは英雄アヒレス(アキレウス)の勇姿に恋をします。

そして、彼に勝負を挑み、敗れて捕虜となります

けれど同じく美しいペンテジレーアに恋をしたアヒレスはペンテジレーアの名誉のため逆に自分が倒されたという嘘をつきます

それを信じたペンテジレーアはアヒレスを母国に連れ帰ろうとしますが、それを拒んだアヒレスは真実を告げ、自分の妃としてギリシャに連れて帰りたいと願います

けれどペンテジレーアは部下によって救出、アマゾネスの陣に戻ります。

ペンテジレーアを諦められないアヒレスは、もう一度戦いを挑み、あえて彼女に打ち負かされ、捕虜となってアマゾネスの国に連れて行かれることを決意し、決闘の申し込みをします。

しかしそのことを誤解したペンテジレーアは決闘の場に武器を持たないまま現れたアヒレスを殺し、彼を食べてしまいます

アキレウスの死

ギャヴィン・ハミルトン作

そのアキレウスの最期は、アポロンの助けを得たヘクトールの弟パリスに弓で唯一不死でない腱を射抜かれ、それが原因で死亡しています。

アキレウスはトロイア軍の門前で戦っている時パリスに腱を射られ、瀕死の重傷を負います。それでも立ち上がり、戦い続けますが、ついに力尽き、絶命

アキレスの遺体を両軍が奪い合いますが、大アイアースとオデュッセウスによって、アカイア(ギリシャ)軍の陣に帰還。彼の霊を慰める為の競技会が行われます。

その後「アキレウスの子・ネオプトレモスと、ヘラクレスの盟友・ピロクテーテースの持つ弓がなければイーリオス(トロイア)は倒せない」という神託が下り、長きにわたるトロイア戦争は終局へと向かう事になります。

死後のアキレウス

死後のアキレウスはホメロスの叙事詩「『オデュッセイア』の中に登場しています。

オデュッセウスは冥府を訪れ、死人となったアキレウスと語り合います。

その中でアキレウスは「死人の王になるよりも、生きてつまらぬ男に仕えるほうがまし」と語ります。己が子ネオプトレモスの近況を按ずるアキレウスに、オデュッセウスはネオプトレモスの活躍を語り、アキレウスは喜び、静かに去っていったとされています。

ちなみに、一説では、アキレウスは死後エーリュシオンに迎えられています。

様々な作品に登場するアキレス

アキレウスを語るならやはり  2004年公開、ブラッド・ピット主演の映画「TROY」。「イーリアス」の物語を忠実に語っています。

ーーーーーーーーーー

出典:fate.fandom

Fate/Apocrypha』のアキレウスは赤の陣営に属しする最速のランサー。赤のアーチャーを上回る俊敏さを誇ります。「英雄殺しの槍」と剣を同時に操り、複数の敵も一網打尽。

ーーーーーーーーーー

出典:fss.fandom

ファイブスター物語」は永野護作SFファンタジー漫画。4つの恒星で恒星される「ジョーカー太陽星団」を舞台に数千年にわたる光と影の歴史が描かれています。アキレスは人工生命体ファティマの男性型としての登場です。

アキレウス まとめ

出典:deviantart

個人的にアキレウスでまずブラピのトロイをイメージします。

特にヘクトールとの一騎打ちの場面のアキレウスは強かった。

俊敏な動きで相手を威圧する、「すごいっ」、っと思いました。

亡くなった後もブラピが重なって、好感が持てます。

 

 

** 関連記事 **



Copyright© waqwaq , 2021 All Rights Reserved.