ギリシャ神話・伝説 バビロニア神話・伝説 エジプト神話・伝説 怪獣・魔物・妖精

スフィンクス、人間の頭部と獅子の身体を持つ聖獣、あるいは怪物

更新日:

スフィンクスでまずイメージするのがエジプトのピラミッドを守る聖獣。ファラオの頭部と獅子の身体を持つこの獣はおそらくオス。

けれど、ギリシャ神話にもスフィンクスは存在し、こちらはエキドナとオルトロスの間に生まれた由緒正しい怪物。エジプトに起源するこの獣はメソポタミア文明にも登場します。

そこで今回はそんな、国々でそれぞれに描かれるスフィンクスに注目です。

怪物か聖獣か、男性か女性か、スフィンクスの正体を探ります。

出典:pinterest


怪物か聖獣か、スフィンクスの正体とは

出典:pinterest

スフィンクスは古代オリエント神話に登場する獅子の身体と人間の頭部を持つ怪物、あるいは聖獣。エジプトが起源とされ、シリア、フェニキア、バビロニア、ペルシア、ギリシアの地域で語り継がれています。

 

古代オリエントとは

紀元前4000年紀から紀元前400紀頃までの間、エジプト、メソポタミア(現在のイラク・シリア)、古代ペルシア(現在のイラン・アフガニスタン)の地域で興った古代文明。

 

スフィンクスは古典ギリシア語ではスピンクス(Σφίγξ, Sphinx

古代エジプト語の「シュセプ・アンク(生ける像・復活の像)」、または「きつく縛る」「絞め殺す者」を意味するギリシア語のスピンクスsphink、Sphinxに由来するとも考えられています。

オリエントの古代社会では、獅子(ライオン)は百獣の王である聖獣。霊力を持つとされ、玉座や墓所を守護すると考えられていました。

古代エジプトにおいての獅子はスフィンクスとなり、ファラオの守護者の役割を担います。

そして神々と同じように、人頭のものだけでなく、ヒツジやハヤブサなど、それぞれの神と同じ頭部や身体、性別を持ったスフィンクスも多数生まれます。

古代ギリシアやメソポタミアのスフィンクスは、このような古代エジプトの影響を受けて誕生したものとも考えられています。

 

エジプトのスフィンクス

出典:pinterest

ジプトのスフィンクスは古くから王権のシンボルであり、知恵と力の象徴として、多くの神殿や墳墓の入り口を守ります

スフィンクスが造られた時期についてはピラミッドと同時期(ギザの三大ピラミッドが造られたのは紀元前2500年頃)に造られたという説が有力ですが、それ以前、紀元前1万年以上も前に造られたという説もあります。

エジプトではスフィンクスは太陽神ホルスの化身であると考えられ、ホル・アクティ(地上のホルス、ホル・エン・アケト(地平のホルス、墓場のホルス)と呼ばれる他、古期にはルウティ(西に輝ける者、あるいは双頭のライオンの意味)、中期にはシェセプ・アンク(魂の像)とも呼ばれています。

その姿は、ファラオの顔を模したり、神々を意味する動物の姿であったり、女性や翼を持つなど様々です。

特にネメスと呼ばれる頭巾を付けたファラオの顔に獅子の身体を持つものは王権の象徴とされる聖獣。王家を守護するシンボル、死後に神格化したファラオと猛獣の王ライオンを組み合わせて生み出された伝説であるともいわれています。

 

メソポタミアのスフィンクス

出典:gibe-on

エジプトの影響を受け、メソポタミアにもスフィンクスは伝えられてゆきます。

メソポタミア神話(バビロニア神話)のスフィンクスは、獅子の身体、女性の頭部、鷲の翼を持つ怪物であり、死を司る存在

スフィンクスはバビロニア神話では光の神マルドゥークに退治される怪物。アラビアでは「アブ・ホル(Abu al-Haul)(恐怖の父)」と呼ばれ、畏怖の対象として敬われていたと伝えられています。

ギリシャ神話でイメージするスフィンクスはメソポタミア神話(バビロニア神話)の影響によるものと考えられます。

 

ギリシャ神話のスフィンクス

オイディプス-8

画像出典:greek-myth.

ギリシャ神話に登場するスフィンクスは多くの魔獣を生んだエキドナとエキドナの子双頭の犬オルトロスとの間に生まれます(一説には怪物テュポンとエキドナの娘)。ネメアのライオンとは兄弟、肉親には他にケルベロスキマイラなどがいます。

エジプトのスフィンクスは王家を守護する聖獣であるのに対し、ギリシャ神話のスフィンクスは子供をさらう恐ろしい怪物。戦争においては人々の死を司る死神のような存在ともいわれています。

エジプトの多くのスフィンクスは男性ですが。ギリシアのスフィンクスは若い女性の頭部と乳房、獅子の身体、背中にワシの翼、稀にヘビの尾を持つとされることもありました。

 

神話の中のスフィンクスは驕ったテーバイ人(アテナイやスパルタと覇権を争い、最強と謳われた都市国家とその民)を懲らしめるという女神ヘラの命を受けます。

ピキオン山で道を塞ぎ、通行人に「朝は四本、昼は二本、夕刻には三本足で歩く生き物は何か?」と問いかけます。ちなみにこれはムーサに教わったとされている謎

そして答えられなかった者を喰らいます。

そこにアポロンの神託を受け、旅に出た若きオイディプスが現れ、「それは人間である。赤ん坊の時の人間は4本の手足で這い、老人になると杖をついて歩く3本足になる」と解答。謎を解かれたことでスピンクスは崖から身を投げて死亡、またはオイディプスに退治されたとも言い伝えられています。


現代でもスフィンクスはスフィンクスそのまま

出典:kotsukotsutrophycomp

アサシン クリード オデッセイでのスフィンクスは『スフィンクスの伝承』というクエストのひとつとして登場します。戦闘は無く、スフィンクスが出題するクイズに3問正解すると秘宝を入手。

出典:onepiece-treasurecruise

ソーシャルゲーム「ONE PIECE トレジャークルーズ」のスフィンクスはインペルダウンLEVEL2の牢番。暇な囚人達になぜか麺類の単語ばかり覚えさせられている、人の言葉が話せない巨大な人面ライオン。

 

スフィンクス まとめ

出典:pinterest

12000年もの太古、想像を超える遥か昔から存在したスフィンクス。

聖獣として崇められたサラブレットの怪物なのに、たかが謎を解かれたぐらいで死んでしまうのは少し情けないように思います。

獅子の身体、鷹の翼、蛇の尻尾を持つ女性、なんか怖いというより美しいだろうとイメージするスフィンクス、せめて戦って退治されてください。


Copyright© waqwaq , 2020 All Rights Reserved.