waqwaq

ギリシャ神話・伝説 神・英雄・怪人

ペルセウス、星座になったメデゥーサを倒した英雄、元祖白馬の王子様

投稿日:

ポール・ジョセフ・ブラン作「ペルセウス」1869年

颯爽と天馬ペガサスに跨って、恐ろしい怪物メデューサを倒し、美女アンドロメダを救う、元祖白馬の王子様、ペルセウスに注目です

ペルセウスといえば、ヘラクレス、セテウスと並ぶギリシャ神話の英雄。

その勇姿は映画「タイタンの戦い」でも知られています。

そこで、映画では語り尽くせなかったペルセウスの武勇談を探ります。

ペルセウス、ギリシャ神話の英雄

ウジェーヌ・ロマン・ティリオン作

ギリシャ神話でのペルセウスは、主神ゼウスとアルゴスの王女ダナエとの間に生まれた半神。

ミュケナイ王国の創始者といわれ、死後は妻アンドロメダとともに星座になって現在に語り継がれています。

 

ペルセウスの出生

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作『ダナエ』(1892年)

アルゴス王でペルセウスの祖父にあたるアクリシオスは「彼の孫によって殺される」という予言を恐れ、娘ダナエが異性と出会うことのないように青銅で出来た塔に幽閉します。

けれど、ダナエを見染めた主神ゼウスは黄金の雨となって塔の壁や床の隙間から侵入。その想いを遂げます。

そしてペルセウス誕生

アクリシオスはふたりを自らの手にかけることもできず、出産間もない娘ダナエと生まれたばかりの孫ペルセウスを箱に詰め、海に流します

ふたりはセリーポス島に流れ着き、島の漁師デュクテュスに助けられます。

母子はそこで暮らし、ペルセウスはその地で成長します。

メデューサ討伐

ウォルター・クレイン作

成人したペルセウスは、母ダエナに思いを寄せる島の領主ポリュデクテースの企みでゴルゴーン三姉妹の末の妹メデューサの討伐を命じられます

この討伐にペルセウスはアテナヘルメスの加護を得ます。

アテナからは鏡のように磨かれた盾。ヘルメスからは羽の付いたサンダル・タラリアと、ヘパイストスがアダマントから造った、この世でメデューサの首を切ることのできるただひとつの鋭利な刀「金の新月刀・ハルパー」を貸し与えられます。

そして、2柱から助言を受けます。

アテナからは「メドゥーサは盾に写る姿だけを見るように」と。

ヘルメスからは「メデューサを倒すのにはかつてヘルメスが西方の国のニンフに贈ったあと2つのものが必要」というもの。

エドワード・バーン=ジョーンズ「武装するペルセウス」1885

そのニンフたちの住家は、グライアイと呼ばれる3人の老女だけが知っているため、ペルセウスはまずグライアイのもとへ向かいます。

グライアイは3人でひとつの目とひとつの歯しか持たず、3人でそれを交代に使って生活していました。

ペルセウスはグライアイたちからニンフたちはアトラスが持ち上げている天界・ヘスペリデスに住んでいることを聞きます。そこはヘラの黄金のりんごの木がある黄昏の娘たちの園。

その地にたどり着くと、何世紀も他人に会うこともなかったニンフたちはペルセウスの訪問を喜び、ヘルメスの贈り物をペルセウスに与えます。

それはかぶると周りを闇が包み、被ったものを見えなくしてしまう「隠れ兜」、そしてメドゥサの毒に耐えられるキュビシスという魔法の袋

 

こうして討伐に必要なもの全てを手に入れ、ペルセウスはメデューサ のもとに向かいます。

ペルセウスは、メドゥーサが眠っている間にメドゥーサの首を切り落とします。

(多説、ペルセウスは目を閉じ、アテナに導かれ、盾に写るメデューサを斬首)

 

このとき、流れるメデューサの血飛沫から白銀の天馬ペガサスと黄金の天馬(あるいは巨人、怪物)クリュサオルが誕生。

ペルセウスはメデューサの首をキュビシスの袋に入れ、自らは隠れ兜を被り、執拗なゴルゴーンの追跡をかわし、難を逃れます。


アトラスとペルセウス

エドワード・バーン=ジョーンズ

メデューサを倒したペルセウスは帰還する途中、訪れたリビアの地ではメデューサの首からその血が滴り落ち、多くの毒蛇が生まれています

 

また、アトラスが支えるヘスペリスの園を訪れた際、その地で暫しの休息をアトラスに願い出ますが、アトラスは黄金のリンゴが盗まれることを懸念し、これを拒みます。

アトラスは先に掟の女神テミスから「ゼウスの息子に黄金の林檎を盗まれる」ことの予言を受けていたのでした。

そのため、ペルセウスはメデューサ の首をかざし、アトラスは石化し、山となります

(多説、アトラスの天を支えるという過酷な罰に同情したペルセウスがアトラスを山に変えることでその罰から解放したとも解釈されています)

ペルセウスとアンドロメダ

ギュスターブ・モロー「ペルセウスとアンドロメダ」

エチオピアにさしかかった際、ペルセウスは岩礁に括りつけられた美しい乙女に出会います。

乙女はエチオピアの王女アンドロメダ

傲慢な母カシオペアの暴言がポセイドンの怒りをかい、その罰で鯨の化物ケートスの生贄にされようとしているのでした。

ペルセウスはメデューサの首を使ってケートスを石に変えてアンドロメダを救出

その功績で父王ケペウスからアンドロメダとの結婚の承諾を得ます。

ペルセウスのその後、物語の結末は

Hugues Taraval 作

無事母のいる島にたどり着いたペルセウスは、母ダナエを手に入れようとするポリュデクテスの軍勢をメデューサの首で石化、母を救出。

ペルセウスは神々の加護に感謝し、宝剣、兜、サンダル、魔法の袋を返却。メデゥーサの首はアテナに奉納、天馬ペガスに自由を与えます

その後アルゴスに帰還。

その際、アルゴス王アクシリオスは、「孫に殺される」という予言の成就を恐れてアルゴスから逃亡。

ペルセウスは王に即位し、アンドロメダと結婚。二人の間にはペルセウス、アルカイオス、ステネロス、ヘレイオス、メーストールなどの子供たち、曾孫にはヘラクレスという英雄も誕生しています。

 

ある時、ペルセウスはラリッサの町で行われた競技大会に参加。円盤投げで、手元が狂い、偶然に観客の中にいたアクリシオス王に当たり、王は死んでしまいます

神のお告げの通りになってしまったことを知ったペルセウスは、それを悲しみ、祖父を手厚く葬ります。後を相続することを恥じ、従兄弟 のメガペンテスと領地を交換し、ティーリュンスの支配者となります。

 

その後ペルセウスはアンドロメダと幸せに暮らし、死後も二人は揃って星となって天に輝いています


武器になる、女戦士になる、現代の英雄ペルセウス

ペルセウスを語るならやはり2010年制作の「タイタンの戦い」。続編は「タイタンの逆襲」2012年製作。主人公ペルセウスには映画「アバター」主演のサム・ワーシントン、監督は「トランスポーター2」のルイ・ルテリエ。

 

出典:gamewith

ゲーム「グランブルーファンタジー」では覚醒の竪琴という武器となって登場。爪弾けばありとあらゆる妖術を逆位の波動で封じ込るというういもの。

 

出典:Amazon

聖闘士星矢』のペルセウスはアルゴルの守護星座。アルゴルはたとえ目をつぶっていても相手を石化させる「メドゥサの盾」を使う白銀聖闘士。

 

出典:gamewith

ペルセウスはソーシャルゲーム、「モンスターストライク」「パズル&ドラゴンズ」でもお馴染みのキャラ。特にモンストのペルセウスは可愛いギャル

 

ペルセウス、まとめ

ピエロ・ディ・コジモ『アンドロメダを救うペルセウス』

元祖白馬の王子様ペルセウスの物語は、「弱きを助け強きを挫く」なるほど女子供が喜ぶ王道ファンタジー。

けれど、良いか悪いかはわかりませんが、そんな物語がありすぎて、正直、少し新鮮味を感じられなくなってます。。。

 



** 関連記事 **



Copyright© waqwaq , 2021 All Rights Reserved.