日本の歳時記 現象・歳時記・その他

冬至(とうじ)12/22、冬至の頃の風習や行事。全国初詣におすすめ社寺は

更新日:

冬至、一年で最も夜の長いこの日、本来なら活発になるだろう闇に住まう獣や魑魅魍魎たちの活動も、美しいイルミネーションにたじろいでいそう。

街はすでにクリスマス、この日から陽の光、陽が戻る開運の時。これから始まるイベントにえがく幸せが溢れます。

出典:pinterest


「冬至」

出典:pinterest

冬至(とうじ)は二十四節気の22番目。

現在の定気法では太陽黄経が270度のとき。

2019年の冬至は12月22日(日)および小寒(1月6日の前日)までの期間をいいます。

『暦便覧』では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」。北半球では太陽が真南に来る高度が最も低く、一年の間で昼が最も短く、夜が最も長くなる日です。

 

冬至は「日短きこと至る(きわまる)」を意味し、太陽暦(旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点。古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われています。

中国でもこの日から陽が長くなることから、冬至が新年の始まる日とされています。

 

** 一陽来復(いちようらいふく) **

陰が極まって陽が生ずることを意味しています。

中国の易経(えききょう)は、陰と陽で自然や人生の変化について解説した書。

この易では、陰暦10月が陰の気が極まり、冬至を境に陽の気が復活し、11月には衰えていた太陽の力が再び勢いを増す。「一陽来復」とはこの気が陰から陽へと移り変わることを表した言葉冬至を境に運が向いてくる、全てが上昇運に転じるとされています。

 

** 運盛り  **

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるという言い伝えがあります。「ん」のつくものを盛り付けて食するのを運盛り 。「ん」が2つつけば「運」が倍増する、7種類食べると幸せになるともいわれます。

それらは「冬至の七種(ななくさ)」

  • なんきん:南瓜
  • ぎんなん:銀杏
  • にんじん:人参
  • きんかん:金柑
  • かんてん:寒天
  • れんこん:蓮根
  • うんどん:饂飩、 の七種

** かぼちゃ **

冬至にかぼちゃや小豆粥、こんにゃくを食べる風習があります。

冬至にかぼちゃを食べると魔除けになり、中風にならない、長生きする、風邪を引かないといわれます。

かぼちゃは別名「なんきん」漢字では「南瓜」と書きます。冬至は陰が極まり再び陽にかえる日なので、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味し、南の瓜は冬至に最もふさわしい食べものになりました。

 

** 冬至粥 **

冬至の日の食べ物に、小豆(あずき)を使った冬至粥があります。昔から小豆の赤は邪気を祓うと伝えられます。冬至粥で冬至までの邪気を祓い、翌日からの陽気を呼び込もうというものです。

こんにゃくは「体の砂払い」、体内の悪いものを掃除するといわれています

 

** ゆず湯 **

冬至といえば柚子(ゆず)湯。この日に柚子湯に入ると風邪を引かない冬至=「湯治」、柚子(ゆず)=「融通」がきく、「融通がきくように」との願掛けの意味もあると伝えられています。

冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気が払われると考えられ、もとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられました。また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。
勿論、ゆず湯(柚子)には体を温める効果があります。

風邪予防以外にも、血行促進、冷え性を緩和したり、美肌効果、リラックス効果も期待できます

 

** 年越し **

大晦日から元旦まで、またはその間の行事のことを「年越し」といいます。年越しから元旦に至る境目は「除夜」(じょや)

「除夜」は年神を迎える神聖な「物忌みの夜」湯浴みで心身を清め、一晩中起きて年神様をお迎えします。この夜、早く寝ると白髪になる、シワが増えるという言い伝えがあります。

 

「冬至」の頃、七十二候

初候(12月22日頃〜12月25日頃) 乃東生(なつかれくさ しょうず) : 夏枯草が芽を出す

夏には枯れる草、靭草(うつぼぐさ)の芽が出る頃。この草以外のほとんどの野草は枯れてしまう時期です。

次候(12月26日頃〜12月30日頃) 麋角解(さわしか つの おつる) : 大鹿が角を落とす

ヘラジカの角が抜けおち、生え変わる頃。春にまた新しい角が生え始めます。

末候(12月31日頃〜1月5日頃) 雪下出麦(ゆきくだりて むぎ のびる) : 雪の下で麦が芽を出す

積もった雪の下で、麦が芽を出しはじめる頃。雪解けの春を待ちます。

 

「二十四節気」とは

24節気-1

出典:pinterest

二十四節気は、一年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割した24の期間に名前をつけたものです。現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。

二十四節気の名称は、中国で考案された当時のものがほぼそのまま使われています。考案当時の文明の中心であった黄河の中・下流域の気候を反映しており、日本よりも寒冷で大陸的な気候のため、日本の気候とは多少ずれがあります。

太陽黄経が30の倍数であるもの(春分・穀雨など)を(中気)、そうでないもの(清明・立夏など)を(正節、節気)と言い、節気から次の節気の前日までの間を一ヶ月とする月の区切り方を節切り、その月を節月と言います。季語の分類も主として節切りで行われています。

夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分を併せて二至二分といい、立春・立夏・立秋・立冬を四立二至二分四立を併せて八節と言います。二十四節気をさらに約5日づつの3つに分けた、七十二候という分類もあります。

encyclopedia.aceplanning

 


冬至の頃の行事

かつては一年の始まりであった冬至。現在でも世界の各地で冬至を祝う祭が催されています。

伊勢神宮 冬至祭 2019年11月20日(水)〜2020年1月20日(月)

出典:iseshima-kanko

冬至の前後2カ月間、伊勢神宮の宇治橋と鳥居から朝日が昇ります。伊勢神宮では冬至の日に「冬至祭」が開催されます。ご来光を拝む参拝客で賑わうこの期間、宇治橋前で「冬至ぜんざい」が振る舞われています。

 

全国で人気の初詣におすすめ社寺

三重県 伊勢神宮

正式には「神宮」という2000年の歴史をもつ日本の神社の中心。広い神域には125の宮社が建ち並び、内宮には総氏神である天照大御神を祀ります。この時期宇治橋と鳥居から昇るご来光も崇め、古式豊かに新年を迎えます。

 

島根県 出雲大社

日本神話などにその伝承が語られている、国譲りの事情のもとで創建された大国主大神を祀る神社。様々な良縁の縁結びの神としても親しまれています。

 

京都府 伏見稲荷大社

農耕の神である稲荷神を祀る全国約3万社にのぼる稲荷神社の総本宮。五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神として広く信仰されています。

 

東京都 明治神宮

2020年に鎮座百年となる明治神宮には明治天皇と昭憲皇太后が祀られています。約70万平方メートルの広大な敷地に豊かな森が広がっています。

 

福岡県 太宰府天満宮

学問の神様、菅原道真をお祀りする天満宮の総本社。毎年、受験合格、学業上達、就職成就を願う参詣者で賑わいます。

 

栃木県 日光東照宮

徳川家康を祀る、日本全国の東照宮の総本社。400年以上の歴史をもち、世界文化遺産にも登録された江戸時代初期の華麗な建築美がみごと。

 

広島県 嚴島神社

神の島として崇められる宮島の浅瀬に建立。優美な寝殿造りの社殿は平清盛建立によるもの。全国にある厳島神社の総本社。世界文化遺産に登録される日本が誇る建築美。

冬至 まとめ

出典:pinterest

子供の頃、大晦日の夜、白髪になりたくないから無理をして夜更かししようとした記憶があります。

冬至にかぼちゃを食べる、ゆず湯に入る、ともすれば忘れてしまいがちな古くからの風習にも、生活の知恵から生まれたものも多く、無視できないものもあります。

全部の風習に従うのもしんどいですが、せめて冬至の夜の浴槽には柚子を浮かべてその香りを楽しみたいと思います。


Copyright© waqwaq , 2020 All Rights Reserved.