waqwaq

キリスト教 神・英雄・怪人

ウリエル、神の炎。天使界の叡智と大地を司る太陽の統治者

更新日:

ウリエルはミカエル、ガブリエル、ラファエルに次ぐ四大天使のひとり。

神の炎の名を持つ天使様ですが、堕天使になったり、死の天使サリエル、イスラム教ではラファエルと共にイスラーフィールとされる、かなり複雑な天使様のよう

そこで、ウリエルとはいかなる天使様なのか、担うその役割を探ります。

 

 

天使ウリエルとは

ウリエル(uriel)神の炎・光という名の、叡智と哲学、大地を司る太陽の統治者

大天使(archangelアークエンジェル)、熾天使(seraphセラフ)、智天使(cherubケルビム)とも記されています。

ミカエルガブリエルラファエルに次ぐ四大天使のひとり

しばしば七大天使の一人であり、死を司るサリエルと同一の天使ともされます。

『破壊天使』『懺悔の天使』ともいわれる、天使の中で最も厳格な性格の持ち主

片手に炎を持ち冥界タルタロスを支配、この炎で罪人を火炙りにするともいわれます。

けれど、四大天使の中で唯一正典に含まれず、カトリックでは認知されていない天使。

堕天使となり、タロットカードに唯一描かれていない天使でもあります。

 

炎の天使、聖書の中のウリエル

ベンジャミン・ヘイドン作

ウリエルは正典には含まれないとはいうものの外伝の中では幾つかの伝承が記されています。

 

旧約聖書外典『エチオピア語エノク書』

エノクを天国へ迎え、案内役を勤めています。

この書の中でエノクはウリエルをタルタロスを統治し、地上の自然現象を司る天使と述べます。

また、ノアに洪水が迫っていることを報せた天使でもあるとされています。

 

旧約聖書外典『第四エズラ書』

ウリエルはユダヤの預言者エズラに「カバラ(伝承)」を授けます

エズラは、神にユダヤ人の苦悩、神の正義、イスラエルの運命を尋ねます。その答としてエズラは七つの幻視を見ます。そこにウリエルが現れ、その解釈としてカバラを授けています。

 

新約聖書外典『ペトロの黙示録』

ウリエルは懺悔の天使

神を冒瀆する者を舌で吊り、永久の業火で焼くという裁きを下します

また、最後の審判の際には地獄の門を開き、すべての罪人の魂を審判の場に置く役割を担うといいます。

 

ユダヤの伝承『ヨセフの祈り』

この中でのウリエルは『わたしは地上におりヤコブという名で呼ばれる』と述べています。これによってウリエルは初めて人間になった天使とも解釈されています。

 

ヘブライの伝承『アダムとイヴの生涯』

ウリエルは焔の剣を持ってエデンの園の門を守る智天使

アダムとイブの追放の後「エデンの園」はウリエルの炎の剣で封印されます。

 

また、ジョン・ミルトンの『失楽園』でのウリエルは熾天使。太陽の運行を司る太陽の統治者とされています。

 



堕天使になったウリエル

マイケル・バージェス作

ウリエルは他の四大天使とは異なり、旧約聖書の正典には登場しない天使。キリスト教本来の信仰では認められていない存在となります。

これは、ウリエルが745年ローマ教会会議でザカリアス教皇に堕天使の烙印を押されるため。これは教会の威厳を保つため、正典に言及されているミカエル、ガブリエル、ラファエル[以外の天使を堕天使としたためのもの

またユダヤ・キリスト教では人間は土から神が創りたもうたもの。ウリエルは「地」を司る天使で、人間となったことが堕落とみなされたという説もあります。

後にウリエルは天使としてではなく、聖人として復帰していますが、正式には現在もこの立場は変わっていないということです。

 

ウリエルとサリエル

イーヴリン・ド・モーガン 作「死の天使」

古代アケメネス朝時代(紀元前500年頃)の四大天使、ミカエル、サリエル、ラファエル、ガブリエルとされていました。

それがエノク書でのサリエルは四大天使としての役割をウリエル、あるいはイストラエルに譲り渡しています。そんな経緯からサリエルとウリエルを同一視する説があります

 

サリエル(Sariel)は、「神の命令」という名の死を司る大天使

エノク書では七大天使の一人であると記されています。

神の意志を執行する司令官の役割を持つ、一説では医療にも精通し、その力を駆使し、ラファエルの右腕として働いていたされています。

そして、邪視を持つという特質から彼もまた堕天使であると考えられています。

 

ウリエルとイスラフィール

イスラム教でのウリエルはイスラフィールであると考えれています。(あるいはラファエル)。

イスラフィールは自らをも焼き尽くす危険な炎の天使であるところでウリエルと共通するとされます。

イスラフィールは翼の二枚は東方と西方を示し、一枚は天地を覆い、最後の一枚で自らを隠し、全身に無数の口を持つ異形の天使

イスラム教では「審判の日」にラッパを吹き鳴らすのはイスラフィールの役割であるとされています

 

 

ウリエル、現世でも生真面目で戦闘能力の高い兵士?

漫画『聖☆おにいさん』のウリエルは破壊を司るアークエンジェル、神の命令なら堕天使にもなる生真面目キャラ

ーーーーーーーーーーー

女神転生』のウリエルは赤い鎧を着た金髪・青肌の天使

ーーーーーーーーーーーー

グランブルーファンタジー』のウリエルは世界を管理するために作られた原初の星晶獣(原初獣) 。タイマン勝負を好む豪儀な性格、四大天司唯一の武闘派

ーーーーーーーーーーーー

 


 

ウリエル まとめ

レオナルド・ダ・ヴィンチ作「岩窟の聖母」

叡智や大地を司ったり、エデンの園・冥界の番人、人間界に降りた最初の天使になったり、果ては堕天使にされてしまう。いやはやお忙しいお役目を持つ天使様です。

けど、罪人を業火で焼くなんて怖い存在。

あまりお近づきにはなりたくない天使様かも💦

 



** 関連記事 **

Copyright© waqwaq , 2024 All Rights Reserved.