日本神話・伝説 現象・歳時記・その他

立春(りっしゅん)2/4、立春から始まる一年とは。立春の頃の風習や行事

更新日:

節分の翌日は立春、暦の上ではこの日から春のスタートです。

最も寒さが厳しい時期であるというものの、梅の花も咲き始め、ウグイスも鳴き始める頃。

満開の桜の、春爛漫な時期もいいけれど、こんな早春のうららかな日差しも清しいです。

出典:pinterest


「立春」

出典:pinterest

立春(りっしゅん)は二十四節気の1番目。

現在の定気法では太陽黄経が315度のとき。

2020年の立春は2月4日(火)および雨水(2月19日の前日)までの期間をいいます。

『暦便覧』では「春の気たつを以て也」春の気配の立つ頃。

暦の上では立春から立夏の前日までが「春」

旧暦ではこの日が一年の始まりとなる日。春が正月と重なっていたため、現代でも正月を「新春」「迎春」と表現するのはその名残

この季節に吹く南寄りの暖かい突風を春一番といいます。

 

二十四節気の最初の節気であるため、立春を基準にさまざまな節目が数えられます

  • 八十八夜…立春から数えて88日目。この日に摘んだお茶の葉は霜の影響を受けないため、良質なお茶になるといわれています。
  • 二百十日…立春から数えて210日目。この日は台風が来る可能性が高くなる日。収穫前の農家にとっては要注意な厄日です。
  • 二百二十日…立春から220日目。二百十日と同じく、台風が来る可能性の高い日。

 

** 立春大吉 **

出典:pinterest

立春のこの日、禅寺の入り口には立春大吉と書いた紙札を貼る習慣があります。これは文字を縦に書くと左右対称であるところから、「話を分け隔てなく聞き、公平に接することで、大きな災難に巻き込まれない」という謂れのもの。「厄除け」のお札として各家庭でも使用されます。

 

** 立春と節分 **

節分は本来季節を分ける節目をいいます。その季節を分ける日は一年に4回、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」。これらの始まる日の前日が「節分」。文武天皇の時代、宮中で、特に新しい年の始まりとなる立春の前日に厄を払うための豆まきが行われるようになったことが今日に至っています。

 

** 立春とひな祭り **

3月3日のひな祭りに飾られる雛人形。片付けは早い方が良いといわれていますが、飾る時期については立春を過ぎた頃からが良いというのが一般的。これは節分で厄を払った後に飾るということになるため。

雨水」に飾ると良縁に恵まれるという言い伝えもあります。

 

** 2月8日 事始め **

年末12月8日の事納めと同じく、2月8日は、新たな年の営み事始め」を迎えます

この12月8日と2月8日を「事八日(ことようか)」といい、針供養をしたり、お事汁を食べ、その年の無病息災を祈います

 

「立春」の頃、七十二候

初候(2月4日頃〜2月8日頃) 東風解凍(はるかぜ こおりを とく):東風が氷を解かし始める頃

春の風が張り詰めていた氷も溶かし始め、春の気配を感じられる頃。

次候(2月9日頃〜2月13日頃) 黄鶯睍睆(うぐいす なく):鶯(うぐいす)の鳴く声が聞こえ始める頃

ウグイスの鳴き声は日本の春を告げる風物詩。その年の一番初めに聞くウグイスの声を「初音(はつね)」といいます

末候(2月14日頃〜2月18日頃) 魚上氷(うお こおりを のぼる):氷が割れ、その間から魚が飛び出る姿が見られる頃

暖かくなった水温に魚の動きも活発になって、氷の合間からその姿も見られるようになる頃。

 

「二十四節気」とは

24節気-1

出典:pinterest

二十四節気は、一年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割した24の期間に名前をつけたものです。現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。

二十四節気の名称は、中国で考案された当時のものがほぼそのまま使われています。考案当時の文明の中心であった黄河の中・下流域の気候を反映しており、日本よりも寒冷で大陸的な気候のため、日本の気候とは多少ずれがあります。

太陽黄経が30の倍数であるもの(春分・穀雨など)を(中気)、そうでないもの(清明・立夏など)を(正節、節気)と言い、節気から次の節気の前日までの間を一ヶ月とする月の区切り方を節切り、その月を節月と言います。季語の分類も主として節切りで行われています。

夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分を併せて二至二分といい、立春・立夏・立秋・立冬を四立二至二分四立を併せて八節と言います。二十四節気をさらに約5日づつの3つに分けた、七十二候という分類もあります。

encyclopedia.aceplanning


立春の頃の行事

出典:pinterest

和歌山県新宮、神倉神社 「御燈まつり」2月6日

1400年以上の伝統を持つ神倉神社の「御燈まつり」は全国でも最も勇壮な祭りとして名高い火祭り。御神火を移した松明(たいまつ)を持った2000人の「上り子(のぼりこ)」と呼ばれる白装束の男子が、538段の石段を一気に駆け下りてゆきます。

 

青森県 八戸えんぶり 2月17~20日

八戸地方に春を呼ぶ 豊年祈願の郷土芸能「八戸えんぶり」。17日〜20日までの4日間、八戸市各所で様々な郷土芸能が催されます。高い芸能史的価値も評価され、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

 

三重県 伊勢神宮、祈年祭 2月17日

「祈年祭」は「としごいのまつり」ともいい、毎年2月17日に全国の神社で行われるお祭り。

伊勢神宮では、神饌をお供えして豊作と平和をお祈りする大御饌の儀、皇室から勅使(ちょくし)が参向して奉仕される奉幣(ほうへい)の儀、内宮・外宮それぞれ2つのお祭りが厳かに行われます。

立春 まとめ

出典:pinterest

立春の頃、節分、バレンタイン・ディー、ひな祭りと、催し事が続く時期、いつの間にか、気付けば春。

毎年そんな春の訪れを迎えています。

一年で一番寒い時期とはいうものの、梅の花も咲き始め、畑や畦道にはつくしや、ふきのとうも顔を出しています。ちょっと自然を散策すれば、ウグイスの鳴き声も期待できるかも。

当たり前なことですが、「立春」、やはり、春が立つ、早春を体感できる季節です。

by pam(神伝編集部)


Copyright© waqwaq , 2020 All Rights Reserved.